名称    NPO 法人卒後臨床研修評価機構
英語名称  Japan Council for Evaluation of Postgraduate Clinical Training
略称    JCEP 
 
理事長 髙久 史麿  専務理事 岩﨑 榮 

所在地  〒102-0083 東京都千代田区麹町3-3-8 丸増麹町ビル MAP
     TEL:03-5212-2444 FAX:03-5212-2445
 
NPOの目的
 当機構は、国民に対する医療の質の改善と向上をめざすため、臨床研修病院における
 研修プログラムの評価や人材育成等を行い、公益の増進に寄与することを目的とする。
 
事業内容
(1)臨床研修病院の研修プログラムに関する基準の策定・公表及び評価事業
(2)臨床研修病院の研修プログラムに関する人材育成事業
(3)臨床研修病院の研修プログラムに関する研究開発事業
(4)卒後臨床研修に関する情報収集及び情報提供事業


有賀 徹
理事・評価委員会委員長
(独立行政法人労働者健康安全機構 理事長)

「教育のない病院は病院ではない」(オスラー)としばしば言われます。諸々の臨床実践の中で研修医も学んでいます。当機構は、その研修の実態を体系的に評価する作業を長年担ってきました。その過程で、PDCA的に“進化すること”も少なからず経験しています。評価をすること、また受けることは、臨床研修の質向上とともに、多くの議論を通じて上記の進化に与ります。関係各位には多大なるご協力とご支援をここにお願い申し上げます。 
 

福井 次矢
理事・評価委員
(聖路加国際病院 院長)

医師の卒後臨床研修が平成16年に必修化されて以来、2年間の研修終了時の研修医の診療能力は明らかに改善してきていることが示されています。これには、研修の到達目標や方略が明示され、研修管理委員会によって研修の進捗状況や修了判定が行われるようになったことなどが大きく作用しています。各病院の体制面や実践内容を当評価機関のような第三者機関が評価しフィードバックすることで、研修の質はさらに高められるものと信じます。
 

真栄城 優夫
理事・評価委員
(元沖縄県立中央病院ハワイ大学 研修プログラムディレクター)

JCEPが事業を開始して10年を経過し、認定病院も200施設を突破しました。第三者評価を受審することは、臨床研修の質向上に役立つとのご意見を多くいただき有難うございます。ACGME並みの研修病院認可条件とするためには、受審病院数の増加とともに、評価基準の更なる改善に皆様方の叡智が求められます。とくに研修医のプロフェッショナリズムの研修に議論が期待されます。皆様がたの一層のご協力をお願い申し上げます。